Team-Win-NOZAKI
by winnozaki
最新の記事
石川県小松に向けて出発
at 2016-09-24 23:33
ここからが大変だった。。
at 2016-09-15 23:56
帰国
at 2016-09-14 07:48
ゴール後
at 2016-09-13 07:42
ラン
at 2016-09-12 08:06
最新のコメント
オヤジ達の道しるべになる..
by winnozaki at 12:24
オヤジをやっつける怪獣の..
by hisa at 10:07
hisaさん やっと帰っ..
by winnozaki at 16:14
お疲れ様! 日本の海は..
by hisa at 10:09
もちろんです!よろしくお..
by winnozaki at 07:42
また一緒に出ましょう!
by ケイチョ at 13:20
ケイチョさん ありがと..
by winnozaki at 22:58
ごめん、恥ずかしながら、..
by ケイチョ at 15:41
hisaさん もっとも..
by winnozaki at 18:45
ケイチョさん 2016..
by winnozaki at 19:23
おめでとうございます。 ..
by ケイチョ at 10:07
ありがとうございます。 ..
by winnozaki at 19:26
なるほど!やってみます!..
by ケイチョ at 10:06
ケイチョさん 僕は..
by winnozaki at 22:40
使ってますねー、マルトデ..
by ケイチョ at 14:09
Kちょさん 春はす..
by winnozaki at 23:37
春はもうすぐ。お大事に!
by 新潟のK at 16:29
hisaさん やっ..
by winnozaki at 15:57
おっ! ブログ復活(笑)
by hisa at 14:41
Honeyさん お..
by KENSACK at 22:11
外部リンク
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
CYCLE PRO SH...
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

バイククラッシュ

何が起きたかはしっかり理解出来ている。
僕は勾配15%のダウンヒルで選手と接触し、落車したのだ。

全身から溢れんばかりの大量の血が吹き出ており、右腕は動かない。呼吸が出来ないほど胸が痛く、頭部を強打したので画面が歪んで見える。

真っ先に目に入ってきたのは、崖の岸壁に身体があること。もがき苦しんで暴れようものなら標高1200mの岩山から落ちてしまう状態だった。

最危険ポイントのこの場所は、高速ダウンヒルからの左コーナーがあり、各選手の技量で差がつくところだった。
スピードは落車前に確認した『70km/h』を覚えている。後輪が浮くんじゃないかという角度で、接触し落車した。



余りにも痛みが酷い中、僕はバイクスタートしようとした。スタッフの言葉(英語)が理解出来ない程、頭は動いていなかったが、僕は彼らにこう伝えた。

『No problem!Let's go』

アイアンマンスタッフの血相が変わった。僕に今すぐ病院に行こうと、DNFしろと説得をしようとしているが、僕はバイクに跨ろうとした。

スタッフは4人いたと思う。あまり記憶には残っていないが、1人は僕を説得、2人はバイクとヘルメット、サングラスを持っている。もう1人はtelephoneで連絡を取っており、この状況から逃げ出さないと完走は出来ない状況だというのは理解できていた。

そんな中、僕は徐にバイクに乗ろうと立ち上がり、バイクを持っているスタッフのところに向かおうとした。
ヘルメットとサングラスを持っていたスタッフは、僕のスピリットに釘を刺すため次の行動にでた。

ヘルメットとサングラスを崖の上から放り投げたのだ。これでもうレースは出来ない。


そんなこんなしていると救急車がやって来た。僕は余りの痛さにこの辺から意識が失われ、ドクターヘリで搬送される直前に口に当てられたオキシゲン?麻酔?を最後に気を失った。


気がついたらそこはオペ室。
服は脱がされ、CTを撮っていた。間もなくしてCTが終わるとレントゲン撮影。

レントゲン撮影後には数人の医者が内臓破裂の検査のためにエコーをあてて、看護婦さんはneedleを両腕に差し込んだ。

ある看護婦さんは何を言っているのか分からないが、ドイツ語でほにゃほにゃ言っている。間もなくしてドイツ語から英語へと変わり、僕は何がなんだかわからない状態で、
『I'm ironman』
と言ったのは覚えている。





[PR]
by winnozaki | 2015-08-30 15:02 | Comments(0)

ウェルカムパーティ バイク預託

f0229864_13394860.jpg


f0229864_13394809.jpg


f0229864_13394951.jpg


f0229864_13394943.jpg


[PR]
by winnozaki | 2015-08-29 23:33 | Comments(0)

やれる

今朝はツェラー湖の確認をしたあと、朝ごはんをスーパーにて調達。
海外レース四年ぶりにしては溶け込み具合も早く、即座にオーストリアの雰囲気に馴染んだ。


さて、今日は受付やらウェルカムパーティやらと大忙しだ!

f0229864_13173848.jpg


f0229864_13173953.jpg


f0229864_13173907.jpg


デカイ外人を尻目に、僕たちは日本代表としてこの地に足を踏み入れた。
エントリーを済ませ、十分過ぎる対応に満足し、アイアンマンショップでいろんな物を物色。

その後、スイム会場に向かい水質と水温をチェックすべく、スイム練習をした。

f0229864_13173958.jpg


f0229864_13173956.jpg


綺麗すぎてなんとも言えない。これが湖なのかというくらい綺麗だ。
ここオーストリアの方々はゴミのポイ捨てはもちろん、街全体がとても綺麗に施されている。
空気も綺麗で、ロケーションも最高、確実に避暑地と言える環境だろう。

こんな素敵な場所でIRONMANの世界戦に参戦出来ることを嬉しく思う。
長く辛かった日々を乗り越えて、この地に立てることを感謝したい。


f0229864_13174089.jpg


[PR]
by winnozaki | 2015-08-29 14:28 | Comments(0)

ツェルアムゼー

ツェルアムゼーの朝

f0229864_14220512.jpg



f0229864_14220544.jpg


f0229864_14220688.jpg


[PR]
by winnozaki | 2015-08-28 05:09 | Comments(0)

大移動37時間!

大変だった。本当に大変だった。
長い長い道のりを、大きなトラブルを抱えながら乗り切った。

倉敷〜岡山インター〜関西国際空港〜ドバイ〜ウィーン〜ザルツブルグ〜ツェルアムゼー

総移動時間は37時間であった。素晴らしい出会いもあり、すでに感動している。




さて今日、ドバイに到着したのは現地時間で4:50am。定刻通りに到着した。

ドバイ空港はお金持ちの玄関口と言われる様に、免税店には金の腕輪やロレックスの時計などが並んでいた。
また、空港内に滝があったり、車が飾られていたりと、普通では目にすることの無い物ばかりだった。

ドバイ空港ではゴツいサンドイッチとスコーンを入手。味はなんとも言えない感じだったが、腹の足しにはなった。


9:15amにドバイ空港を出発。
ここから5時間のフライトを経てウィーンへと入国したのであった。


ウィーンに到着。
入国手続きを早急に済ませ、今回の山場に向かう。
オーストリア航空の飛行機にバイクポーターが載せれるかどうかという大き難題。これは本当に運命を左右するほど緊張感を感じた。

オーストリア航空の飛行機はセスナで、今回のレースに参加するアスリート達が利用する為に荷物の制限が為されていた。
僕も出発三日前に航空会社から連絡があり、今回はバイクポーターをセスナに載せることができ無いと言われていただけに激しく抵抗するつもりだった。

オーストリア航空のインフォメーションにて、片言英語で格闘する。
約50分もの間、何とかして下さいと言い続け、かつ、対応して下さった方も色んな所に連絡してくれたがかなり雲行きは怪しい感じ…。

最悪は間に合うかわからないが、宅配で手配するしかない。けど、目の前にある荷物は一緒にツェルアムゼーへ連れて行きたい。その思いが航空会社に伝わったのか、何とか追加料金で飛行機に載せることができた。

正直ね、これで全てが決まると言っても過言ではなかった。レースが出来るか出来ないかを決める、最も重要な事柄であったことは言うまでもない。

事柄がまとまった瞬間、ドッと疲れが出てきた。いや、安堵からの疲れか?!

f0229864_13325745.jpg

アホ面である(笑)

このセスナに乗ってウィーン〜ザルツブルグへと到着!これでやっと到着出来たも同然だ!!


が…


思っていたよりザルツブルグ空港が寂れていた。なんにもない。タクシーに乗ろうとタクシー乗り場へいくが、タクシーもまばらで、しかも先客がドンドン大型タクシーに乗って走って行く。

そして…


最後はいっつぁんと2人、ザルツブルグ空港に取り残されてしまったm(_ _)m
インフォメーションでタクシーを手配してもらおうと訪ねるが、インフォメーションに人がいないのである。

八方ふさがり。である。


途方に暮れている間にも刻々と時間だけは過ぎてゆく。その時18:50。
僕がトイレに行って帰ってきた時、いっつぁんがタクシーを捕まえて二人組に絡まれていた。

本来の予定ならザルツブルグ駅に行って、そこから電車で移動する予定だったが、いっつぁんの勘違いから直接ツェルアムゼーに行きたいと伝わっていた。

空港ならツェルアムゼーまで100km近くあるから運転手もテンション上げ上げ!
が、僕は値段が高いので断ろうとする。

運転手はとりあえず僕らの荷物をタクシーに載せて、車内でこんな取引が行われた。

運転手『空港から駅まで30Euroで、駅から電車乗ったら40Euro位掛かるよ?どう?150Euroでツェルアムゼーまで連れて行ってあげるけど?』

僕『え?そうなの?ホテル前まで連れて行ってくれる?』

運転手『もちろんだ!』


この運転手、なぜか分からないが英語が喋れていたので言葉が通じる。これはかなりありがたい!

いっつぁんとも相談して、疲れ切った身体、疲れ切ったメンタルだと電車に乗って移動など皆無だということになり、タクシーの運転手にツェルアムゼーまでお願いした。

そして…

念願のツェルアムゼーに到着!タクシーの運転手に連絡先を聞いて、9/1にも迎えに来てくれと伝え、お互いの連絡先を交換。

運転手の名前はmario君である(笑)



さてここからホテルチェックイン。
ホテルはコンドミニアム形式のアパートメントホテル。

booking.comで手配し、五日間で400Euro程度^_^安すぎであーる。

チェックインは問題なく終わり、部屋に着いた。とても質素だが、安いので問題ない。


二人ともかなり疲れていたが、素晴らしい景色がなんとも感動を与えてくれる。そして、辺りはお祭り騒ぎで、外ではBGMガンガンで踊っている☆

そんな夜のツェルアムゼーに繰り出して、ピザ、パスタ、ベーコンサラダを当てにビールを飲んだのである。


つづく

[PR]
by winnozaki | 2015-08-27 21:01 | Comments(0)

出発

今朝は全く眠れなかった。準備が思ったより進まず、3:30amまでバイクを梱包した。

朝は7:00amには起きて荷物を準備する。ヨーロッパということ、寒暖の差が激しいという事で、最近のレースでは類を見ない程用意周到だった。



さて今回の世界戦は全て個人手配で行う。ヨーロッパ圏の言葉に不安を抱えながら、なんとかここまでやってきた。

出発当日…
まずは14:40 岡山インター発の高速バスに乗車。
1時間前には現地に到着し、いっつぁんと合流する。

バス乗り込み前の荷物チェックで、
『こんな大きな荷物は載せられない』
と、訳のわからない事を言われ、僕は予約をする際にキチンと確認していたと告げるがなんだか幸先がかなり不安。。。

結局載せる事は出来たが、まず最初に一悶着あった。


関空には18時前には到着した。
到着後にフロアの確認し、円→ユーロへと両替をする。
今回は二人合わせて1280ユーロ。大金持ちだ(笑)


フライトチェックインまでビール飲みながら喋ってたらあっという間だった。
ただ、ここから大きな試練が始まった。


今回、エミレーツ航空を利用。
重量制限がかなり厳しく、預け荷物の和が32kgを越えた以後の1kgに対して7200円の追加料金が発生する。

バイクポーターの重量は23kg、手荷物は18kgで、合計の和は41kg…

いっつぁんに関しては合計が43kgだったので、二人合わせて追加課税は140,000円強!

払えるか!んなもん!
かなりしつこく説得したが応じてもらえず…
んで、僕は閃いた!


f0229864_13304507.jpg


スーツケースの中身を段ボールに詰めて、重量のあるスーツケースは実家に送るという判断をする。

段ボール片手にバイクポーターを持っている日本人…
とてもレースに行く様には見えない(笑)が、これにより140,000円の支払いは免れた。

ただ、オーストリア航空はさらに厳しいらしく、バイクポーターを飛行機に載せてもらえないとかどうとか…。頭を抱える出発であった。。。



これから始まる移動のパターンはかなり大掛かり。詳細はこうだ。

23:40(26日)関空発
4:50(27日)ドバイ着 →約12時間フライト


9:15(27日)ドバイ発
13:05(27日)ウィーン着→約5時間フライト

17:10(27日)ウィーン発
18:10(27日)ザルツブルグ着→約1時間フライト


ザルツブルグ到着後はタクシーを拾ってザルツブルグ着に向かい、そこから電車でツェルアムゼーへと向かう。

長旅は問題ないが、トラブル無しに行けるかどうか…
乞うご期待だ!

f0229864_13333004.jpg


f0229864_13333009.jpg


[PR]
by winnozaki | 2015-08-26 15:53 | Comments(0)

ここに来て…

練習記録

スピニングバイク→50分
スイム→ちょこっと


明日出発となった。
仕事終わりに総務部に挨拶し、たまたま役員室に居られた社長と最後の面談をして頂けた。

自分の気持ちを素直に伝え、そして必ず人生の糧になるレースにしてくると伝えた。


今日の最終調整は久しぶりにスポーツジムで!
スピニングで軽く回して、今年に入ってまだ5回と泳いでいないプールにて動きの確認を。

あとは移動で出来るだけ疲労を抜き、2010年に叩き出したPBに近い走りをするだけ!楽しみだ^_^



話は変わるが、ここに来て早速大きな問題が起こった。
ウィーンからザルツブルグへの飛行機にバイクポーターが載せられない事態が発覚!

オーストリア航空に連絡するも訳のわからない日本語をしゃべるオペレーターに当たってしまい、かなり機嫌を損ねられてしまった。

残念だが、サービスに関しては最低ランクをつけざるを得ない。ひどすぎる対応だった。

なーに、心配することなんかない!
ウィーンで宅急便を手配して、翌日に持ってきてもらうだけのこと。これもまた良き試練ではないか!

ドイツ語は絶対使わない(正確には分からないwww)
英語一本勝負で乗り切ってみせたいと思う( ̄▽ ̄)
[PR]
by winnozaki | 2015-08-25 23:43 | Comments(0)

出発まで残り2日…

月曜日が始まる。
いつもならビーチクランドにいるハズだが、今日は大人しく普通の人と同様な朝を迎え、出社した。

駐車して門を通る際、守衛の方に、
『今日も泳いできたんですか?』
と聞かれる始末( ̄▽ ̄)

朝泳いだ時は駐車場に駐車した車のサイドミラーに掛けて乾かしているので、彼らの話餌になっている(笑)

今の僕はやれる事を全てやり切った感と、ついにここまでやってきたという充実感に満ち溢れている。

いつも余裕のない時間を過ごし、自身を追い込んでいる時が多く、こういう感情になるのはとても珍しい事。

そんな一日を過ごして、帰宅後には世界陸上を見ながらビールをプシュ🍺
あー準備をしなきゃな〜

そんな1日だった。

[PR]
by winnozaki | 2015-08-24 23:09 | Comments(0)

激 喝

練習記録

8/23

海スイム→インターバル
ローラー→50分


今朝は全く寝られなかったせいで怠い。ダルすぎた。

スイムのメニューとしては距離ではなく、速い動きとブイのターン練習にあてた。
もちろんヘッドアップや位置取りのイメージは忘れずに…

ローラーはいっつぁんと雑談しながらクルクルと…。
何を話してたかなんて分かりもしない。初めて一緒に練習をする様になった『2012年の5月』からこの時まで何も変わっていない。

3年前…
いっつぁんが僕と一緒にトレーニングしたいと言ってきた時の事を良く覚えている。
目の前の目標に向かって、どこに向かうかも分からなかった2人は今、世界に向けてローラーのペダルを回している。

色んな事を言われたな(笑)
良くも悪くも言う人達を尻目に着実に実力を付けて行く。その原動力はただただ本当のトライアスロンをしたいという事だけだった。

酒を飲む仲間やフザけられる仲間、色んな類な人がいると思うが、僕らはそれ以上にトライアスロンというライフを重きにおいて常に頑張ってきた。喜怒哀楽のトライアスロン…人生そのものだ。

マグレと運を味方に付けて2人で勝ち取った世界戦は偶然なんかじゃないだろうなと今にして思う。



f0229864_20073364.jpg


初めていっつぁんが国体を取った時の写真。ℹ︎ちゃんはぷにゅぷにゅしててマシュマロみたいやったな(笑)


そんな思い出話しをしながら2人で調整をした。
そして…

勝山にいる野崎さんのところへバイクの最終調整と喝を入れてもらいに行ってきた。

いつもと変わらぬスタイルで出迎えてもらい、そして色んな話しをする。


ありがとう!野崎さん!
僕らは人間的にも競技者としても大きく成長出来る、そんな世界戦にしてきます!誰ばりできないマル秘話しを楽しみにしてて下さいねー^_^

そんな一日だった。
[PR]
by winnozaki | 2015-08-23 19:35 | Comments(0)

動きの確認

練習記録

8/22

朝スイム→2000m
JOG→15km


夜中の蒸し暑さで全く熟睡出来ず…m(_ _)m
昨日はゆっくりとしたハズだが、疲れが余計に増した感じがある。思った以上に疲労が溜まっている。


さて今日はスイムのフォームを意識し、軽めに泳いだ。
ランは接地のタイミングと、スピードを上げた時に対応出来る重心位置を入念にチェック。

先日のスピード練習のおかげか、思った以上に良い仕上がりになっている。ピークがあと一週間もってくれれば120%の力が出せる?!かも^_^


晩は久しぶりにマッタリ休日を過ごし、買い物や映画をみたりしながらゆっくりした。
[PR]
by winnozaki | 2015-08-22 23:16 | Comments(0)