Team-Win-NOZAKI
by winnozaki
最新の記事
石川県小松に向けて出発
at 2016-09-24 23:33
ここからが大変だった。。
at 2016-09-15 23:56
帰国
at 2016-09-14 07:48
ゴール後
at 2016-09-13 07:42
ラン
at 2016-09-12 08:06
外部リンク
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
CYCLE PRO SH...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バイク1

今まで経験したトライアスロンで過去最大級に長いトランジット。
走っても走ってもバイクスタートに辿り着かない。

大声援の中、ついにバイクを跨りスタートした。

コースはこうだ。

f0229864_06504461.jpg


メインは二つ。

①高速道路をかっ飛ばす
②山岳コースで悶絶

外国選手のバイクスピードは尋常じゃない。そう思っている人が大半だろうが、ここは世界選手権…ぶっ潰れるまで自分を試そうと一気にギアを重くしてハイスピード化にシフトした。

そしてスタートした直後にトラブルは起こった。
ドラフティングゾーンを恐れて追い越しラインでライドしていたところ、後続からきた集団(もちろんマーシャル付き)のブロッキングとしてペナルティをもらったのだ。

マーシャルから英語でペナルティの指示をもらう。しかし、僕はドラフティングはしていないと伝えるが、ブロッキングでのペナルティだと言い渡された。

日本ならこんなスピードで後続から抜かれる事がないし、ハッとした瞬間だった。そう、僕が遅かったのである( ̄▽ ̄)


しかしこの時アベレージは43km/h…
何がどうなってあんなスピードで追いつかれたのかは謎である(笑)

ペナルティで5分間滞在。
※正式にはペナルティをした者の確認(マーシャルがライド中に撮影したタトゥーナンバーが合っているか確認)を行い、そこから大会本部とつながっているパソコンでやり取りしてからストップウオッチが押される。

オマケにペナルティボックスは満員御礼状態で、オーストラリアのマーシャルのレベルの高さにも脱帽した瞬間であった。
というか、マーシャルの数が尋常じゃなかった。

それにしても長い…。
長すぎる…。

後続から続々とハイスピードで駆け抜けていく選手をみて、観客気分にでもなれそうな位長い。

やっとこさ5分経過してスタートした時には足が動かなくて意気消沈したのを覚えている。

つづく

[PR]
by winnozaki | 2016-09-06 07:51
<< バイク2 スイム >>